ロク-リンシャ

単調な日常を維持するあなたへ捧ぐほんわかマガジン

第1回 料理王は俺だ!選手権(7)【結果発表/まとめ・蛇足編】

8/28 市川市 市川 みつぼり宅

 

いの:じゃあそろそろ、結果発表する?

みつぼり:しますか。じゃあだいぶ酔っぱらっちゃってるいのくんのために一応企画の確認をするけど、トップはロクリンシャ料理王の称号と、副賞として今回の料理代金の全額返金。んで、ビリは次回の企画を考える、ってことでいいね?

さいとう:あと審査方法だけど、そもそもの予算の違いがありすぎるから、料理の数によってデカすぎる差が出ないようにって意味で、全料理の平均点をとってそれを各人の得点とします。いいね?

いの:大丈夫です。

 

そして気になる結果は以下の通り!!!!!!!

【結果発表】

《いの》 全2品

・バナナのベーコン巻き

<さいとう3点/みつぼり3点>

・豆腐のチーズのせ

<さいとう1点/みつぼり1点>

いの料理長の得点平均計 2点/10点

 

《みつぼり》 全5品

タコのアヒージョ風

<さいとう4点/いの7点>

タコホタテカルパッチョ

<さいとう1点/いの2点>

・トマトとチーズのカプレーゼ

<さいとう0点/いの2点>

・チーズと豚ヒレの大葉添え~和風ドレッシングを添えて~

<さいとう6点/いの4点>

・リンゴチョコレートデザート

<さいとう0点/いの3点>

みつぼり料理長の得点平均計 4点/10点

 

《さいとう》 全5品

・秋ナスとしょうがのマリアージュ~ごまのドレスを纏って~

<みつぼり6点/いの5点>

・鉄火巻きライト

<みつぼり5点/いの6点>

・アスパラとうなぎの炒め物

<みつぼり4点/いの5点>

・赤ちゃんせんべいの面汚し

<みつぼり8点/いの3点>

・塩辛のクリームチーズプレイ

<みつぼり5点/いの4点>

 ・さいとうくんの割り箸

<みつぼり2点>

さいとう料理長の得点平均計 6.5点/10点

 

みつぼり:えー、 という訳で、第1回”ロクリンシャの料理王は俺だ!選手権 ~お酒に合う料理編~”の優勝者はさいとうくんに決定でーす!

さいとう:ありがとうございます、ありがとうございます。ただまあ、順位がきれいに金額順になったというのは、少しモヤっとしたものを残す感じにはなりましたなあ。

いの:さいとうさん、いまのお気持ちは?

さいとう:みんなそうだと思いますけど、私も悔いが残る戦いとなったので、第2回というものがあったなら、ディフェンディング・チャンピオンとして再び腕をふるわせていただきます。

みつぼり:そのときは俺もいのくんもそれぞれ刺客を送り込む所存でおりますので、覚悟しておいて下さいよ。

さいとう:望むところですよ。

 

 ―――――――

 

 というような具合で、今回の料理対決は幕を閉じました。この後しばらくは出口の見えないいのくん盲目的な恋バナに耳を傾けたり、懐かしのスーファミマリオカートやら同じくスーファミ美少女戦士セーラームーンの横スクロールゲーに熱中したり、いのくんが帰ったあとにさいとうくんと二人、バーで反省会を執り行ったりしました。三人とも社会人にもなってなにやってんすかね。文章に起こすと楽しそうではありますが、くだらないですね。

 今回の料理会を通じて僕個人として感じたことは、たとえどんなクソマズgero料理であっても、仲間と食ってると楽しくはあるっていう、まあ本当通り一遍の”そら当たり前ですよそんなの”式の結論でした。社会人になって、一人暮らしをはじめて早4年半。前職が食材を扱う会社に勤めていたという関係もあって、現代の日本人として普通に生活するなかで口にできる大方のうまいものは食べた気になっており、いつしか食べることは好きなんだけど、食で心を動かされたりすることとか、そういや最近ないよなあとか感じるようになっておりました。何を食べるかっていうよりも、誰と食べるかというのは、食事を楽しむ上で本当に大きい要因なんだなあと改めて感じます。食事ってコミュニケーションなのかなあなどと、思い直しました。一人で夕飯をとるときも、以前より自分が何を食べたいと思っているか、ちょっと考えてみたりとかするようになりました。前はそんなこと気に留めなかったんですけどね。とりあえず財布にお金が入っているか確認して、それから目に付いた具合の良さそうな店屋に入って、自分の好きそうなものを注文して、本かスマホをひらいて、メシがきたら口に運ぶっていう、神経反応だけで飯喰ってるような感覚の日もあったんですけど、今は夕飯だけでもちゃんといま、なにを食べたいのか、ちょっと時間をとってでも考えてみることにしています。これもひとつのコミュニケーションというか、自分との会話のような気がしています。ご飯が美味しいと思えることを大切に思って、もうちょっと生きて行こうと思います。どやええ話やろ! おわり!

 

(文責・みつぼり)