ロク-リンシャ

単調な日常を維持するあなたへ捧ぐほんわかマガジン

第1回 料理王は俺だ!選手権(4)

8/28 市川市 市川 みつぼり宅

 

みつぼり:じゃあまずはいのくんからはじめましょう。大丈夫? 質問ない? 道具の場所とか、自分から聞かないと教えてあげないよ? 大丈夫?

さいとう:出来のわるい新人に詰めるめんどくせえ先輩みたいだな。

いの:あの、えっと、まあ・・・大丈夫だと思います。

 

【いの:焼酎に合う料理/料理時間13分28秒】

さいとう:位置について・・・よーい、スタート!!

いの:じゃあまずはフライパンを温めます。オリーブオイルある?

みつぼり:ほいほい。

いの:次にベーコンをあけます。

 

f:id:rokurinsya:20161119160316j:plain

 

さいとう:さっそくベーコンを開封するのに1分かかってますね。

みつぼり:手際悪いですね~。

さいとう:続いてバナナを剥いておりますね。

みつぼり:ちょっとエッチですねえ。そして剥いたバナナを・・・切る! 切る! 輪切りに切る!

さいとう:男としてはちょっとクるものがありますねえ。

みつぼり:手つきがかなり危ういです。指を落としそうで見てられません!

 

f:id:rokurinsya:20161119160349j:plain

f:id:rokurinsya:20161119160423j:plain

f:id:rokurinsya:20161119160507j:plain

 

さいとう:出たああああw

みつぼり:絶対来ると思ってたし、絶対喰いたくないんだけど。

さいとう:お前それ、何かで見たんだろうなちゃんと? いの発案じゃないだろうな?

いの:わかんない。美味しいんじゃないの? あれ、つま楊枝は?

みつぼり:そんなものこの家にはないですよ。引出しの中に松屋の割り箸がいっぱいはいってるから、その袋の中から見つけてください。

さいとう:ってかもう割り箸に差しちゃえばいいんじゃねえの。串の要領で何個かまとめて差せば。

いの:あ、いいねそれ。

さいとう:・・・って、おい!!

 

f:id:rokurinsya:20161119160539j:plain

 

みつぼり:え、え、え、ちょ、ちょっと待ってそれ! どうやって反対側焼くの!?

さいとう:wwwwwwwwwwwww

いの:あ、そっか。だから楊枝使うのか。どうしよどうしよ。一回下げるか。

みつぼり:やっぱりバカだこいつw もうホントなんなんだよw

さいとう:くだらないことやってる間に残り時間10分!

いの:地道に割り箸袋の中からつま楊枝を探し出すしかないか・・・。

 

f:id:rokurinsya:20161119160620j:plain

 

みつぼり:なんかあれだね。今日の服装の感じも相まって、料理をしているってよりもイスラム系の爆発物テロ犯が爆弾作ってるみたいな感じに見えるね。キッチンが低いのがその感じを加速させるね。

いの:楊枝がない・・・楊枝がない・・・。

みつぼり:テロ犯から”妖怪楊枝さがし”になりかけてる。

いの:楊枝入りって書いてあるけど入ってないのばっかりじゃん!

みつぼり:俺がきまぐれに抜きとって使うことが多々ある。

いの:ちくしょう! じゃあこの間に・・・。

みつぼり:あいだにって、お前いまこれ何にもw 何にも進んでねえけどw

いの:言って自分でも恥ずかしくなった。

さいとう:もしかしたらベーコンとバナナがなじんでいる間なのかもしれないw

 

f:id:rokurinsya:20161119160716j:plain

 

みつぼり:うわもう絶対ヤダ。レンチンしたら絶対コレ爆発するもん。

さいとう:決してこちらの想像を裏切らない雑な料理が出てきそうですね。絶対この後アレだぜ、黒コショウガリガリガリって挽くぜこいつ。

いの:おいしいもの食べさせてやるから落ち着けって。

さいとう:どの口が言ってんの本当にマジで?

みつぼり:さあ、そうこうしているうちに残り5分!

 

f:id:rokurinsya:20161119160747j:plain

 

みつぼり:おおお・・・ヒドい。予想を下回る出来だ・・・。「そんな調理法あったか~!」なんて一言も言わせてくれない。隙だらけなのにそういう隙は一切与えてくれない。

さいとう:なんでアイツ料理工程とか色々むちゃくちゃなのに、バナナのベーコン巻きに関してだけは、きちんと巻かれている状態を維持することに固執するんだろうな。

いの:こだわってますから。

みつぼり:あとコショウ。さっきから無茶苦茶使ってるけどさ、その、コショウになんかそんな特別な思い入れとかあるの?

さいとう:コショウの製造者に誰か人質でもとられてんの?

みつぼり:もうさ、一人暮らしが一番長いのに、なんでこの体たらくなんですかね。うわ~、もうあんな油べっちょりなやつ食いたくないんだけど~。

いの:だからできないって言ったじゃないですか・・・(ゴリッゴリッゴリッゴリッ

みつぼり:これだけ言われてなおコショウ挽く神経どうなってんだよw おかしいでしょw

いの:ゴリッゴリッゴリッゴリッゴリッゴリッ(無言でひたすらブラックペッパーを豆腐の上に挽き続ける)

さいとう:残り時間はもうありません! 5・4・3・2・1、しゅ~りょ~!

いの:できたー!

みつぼり:う~ん。それじゃあ温かいうちに実食といきますか。嫌過ぎるけど。

 

【実食】

いの:ちょっとお酒の飲み方にも工夫があるから少し待っててね。

みつぼり:料理には何の工夫もないくせに変なところはちゃんとこだわるよね。

 

f:id:rokurinsya:20161119160914j:plain

 

さいとう:・・・これアレだわ、結婚して奥さんが最初の晩メシこれ作ったら即DVだわ。初夜の前にDVだわ。

みつぼり:だってさいとう、今さらだけどコレあいだに挟まってんのバナナだよ? 嫌なんだけど、割と真剣に嫌なんだけどw ベーコンもこれ火通って無いでしょ。

さいとう:嫌だなあ。

みつぼり:なんかクサいもん。

 

(1分経過)

 

さいとう:ガチャガチャ凄ぇ音してるけどアイツは何やってるんだ。何やってるにしても絶対余計なことでしかないのは間違いないんだが。

みつぼり:ね~、いのくんまだ~? ただでさえ美味しくないメシが冷めることでもっとマズくなろうとしてるんですけど~?

いの:ゴメンゴメン、おまたせしました~。

 

f:id:rokurinsya:20161119160847j:plain

 

いの:さいとう・・・いや、島津殿に献上致す。

みつぼり:くだらねえw どこで見つけてきたのこれ?

いの:日光。焼酎だからこういう趣向でね。

さいとう:まあありがたく頂戴いたしますわ。んで、ちょっと食べる前に今回の料理についての簡単な説明をしてくださいよ。

いの:えっと、じゃあ、焼酎ってこう、独特の香りがあるじゃないですか。で、少し辛いらしいですな。

さいとう:う、うん。

いの:で、その辛味を中和するのに何が必要か考えた訳でございます。そこで出た答えが、チーズの甘み、バナナの甘み・・・これこそが辛口の焼酎を和らげるための、そして焼酎をさらに美味しく頂くための、いいスパイスになるのではないかと考えました。ちゃんと哲学に則った料理です。

みつぼり:はあ。

いの:大丈夫。確かに見た目は美味しそうには見えないかもしれない。でも考えてみて、ベーコンとバナナ・・・一緒に食べた事ありますか?

みつぼり:ないです。現状ないです。

さいとう:今まで幸いなことになかったんだけど・・・ね。

みつぼり:ベーコンバナナ童貞ですから僕ら。

いの:こういうところから食の新しい発見が産まれるんじゃないですかね。

さいとう:うるせえな。

みつぼり:ちなみにいのくんは食べたことあるんですか?

いの:ないです。

さいとう:むちゃくちゃだよw

いの:でも無い組み合わせじゃないとは思ってました。生ハムメロンじゃないけどさ。

さいとう:まあ、まあ、じゃあ乾杯しますか。

三人:かんぱーい!

 

f:id:rokurinsya:20161119161127j:plain

 

【1品目:バナナのベーコン巻き】

みつぼり:じゃあバナナのベーコン巻きは仲良く三人せーので食べますか。

いの:よし、じゃあ、せーのっ・・・。

 

(暫しの沈黙)

 

みつぼり:・・・案外イけるかも。

いの:でしょ!? イけるでしょ!?

(さいとうが手から盃を落とす)

みつぼり:さいとうくんの手が乱れたw 大丈夫?w

さいとう:・・・・・・・・・ベーコンは、食える。

みつぼり:そりゃそうだよw 俺はそんなに悪くないかもなあ。二度と食いたいとは思わないけど。

さいとう:前向きな話をすると、もっとバナナに火を通していいかもな。生っぽ過ぎる。なんかぐじゅぐじゅっとし過ぎてて嫌だなあ。

みつぼり:マズいだけなのにちゃんと感想言ってるよ~。いのくんはどうなの?

いの:ベーコンもバナナもそれぞれ美味しいよね。悪くはない。

さいとう:こいつ頭かどっか打ってんのか?

みつぼり:あれだ、バナナで口のなかがネチョネチョになるんだけど、この辛口の焼酎を流し込むと口の中がスキっとして丁度いい感じになる。これが”酒に合う”ってことならまあぴったしだよ。二度と食いたくないけど。

 

f:id:rokurinsya:20161119161055j:plain

 

 

【2品目:豆腐のチーズのせ】

いの:さいとうくんからどうぞ。

さいとう:嫌だ。最初には食いたくない。

みつぼり:じゃあ俺から食うね。うわ、見た目からしてゲロマズそうだね。いただきまーす。

いの:どう?

みつぼり:・・・まあ想像通りの味なんだけど、うわ水っぽいなあ。水っぽい。

さいとう:なんでそんなマズそうに食うのお前?

みつぼり:だめだ、コレ酒飲まなきゃやってらんねえわw

 

(いのとさいとうも一口ずつ箸をつける)

 

いの:・・・・・・・まあでも、水っ気がなければ、ねえ?

みつぼり:水っ気があるから不味いっつってんだよw

さいとう:これはだめだ。直球でマズい。

みつぼり:想像できる不味さなだけこっちの方が性質が悪い。俺はバナナの方がマシだわ。なんかこれくさいもん、チーズが。

さいとう:なんだろうな、さっきの料理でいうところのベーコンが無いんだよな。

みつぼり:なんか人の皮膚食ってるみたい。

いの:悪くはないんじゃないかな。

さいとう:自分で食べてみて、この料理に何が足りないと思う?

いの:・・・・・・硬さ?

さいとう:じゃあ豆腐選んだ時点で失敗作確定ですわ。

みつぼり:己の過失を素直に認めろ(笑)

さいとう:でもどうなんだろう、焼酎に合うって観点で考えれば・・・芋焼酎ってのは案外懐が広いですからな。

みつぼり:芋焼酎サイドの懐にも限界があると俺は思うんだ。

さいとう:とか言いながら君が全力でねぶってるその割り箸、どう考えても俺のだと思うんだ。

いの:wwwwwwwwwww

さいとう:セクハラですよそれ。

みつぼり:ごめんごめんw でもチーズもしくは唾液の塩っ気があって美味しい。これは2点ですね。加点対象です。

【3品目:さいとうの割り箸 2/10点】

 

f:id:rokurinsya:20161119161001j:plain

※直球でマズいと評した料理に対し、途方に暮れるさいとう氏

 

(つづく)