ロクリンシャ

三柱の人狼とそのなかま達による体当たり座談会系集団の活動報告(公式HP:rokurinsya.wixsite.com/rokurinsya & 公式Twitter:https://twitter.com/rokurinsya007)

ロクリンシャ、それは三柱の人狼とそのなかま達による体当たり座談会系集団の活動報告
公式HP
公式Twitter

座談会:『この漫画が嫌いだ! 2016夏』前編

今回の課題

ミツボリ:『お嬢と東雲』奈院ゆりえ ほるぷ出版 他ポラリスコミック全般

 あらすじ:お嬢はクールでスマートなお目付け役・東雲(しののめ)のことが大好き!
 東雲が不意に見せるお茶目な一面に
 お嬢はいつもドキドキさせられてばかりだけど、
 肝心の東雲は無意識みたいで……?
 一生懸命お嬢さま×低体温系お目付け役
 ふんわり主従ラブコメディ(作品紹介ページより)

サイトウ:『ヲタクに恋は難しい』 ふじた 一迅社

 あらすじ:ヲタクな人も、そうじゃない人も 

 ニヤニヤできてキュンキュンしちゃう、あなたのためのラブコメディ!!
 隠れ腐女子のOL・成海は転職先で
 幼なじみのルックスよく有能だが重度のゲームヲタクである宏嵩と再会をする。
 とりあえず付き合い始めたものの、ヲタク同士の不器用な二人に真面目な恋愛は難しくて…。(作品紹介ページより)

イノ:そこまで情熱をもって嫌えるものがない為、今回は選書なし

※あくまでも今回のテーマは「この漫画が(俺は)嫌いだ!」であることをご了承下さい。


7月2日土曜日 17:00
御茶ノ水の某名古屋系居酒屋にて

 

いの:まず、俺は今回かなり読み込んできた。予告通り、自分んで課題図書出せなかった分ね。

みつぼり:イノの付箋すげえな……俺はこの『ヲタクに~』は以前一回買ってたんだよね。で、それを一回売っててまた今回のためにこの一巻をまた買いなおした。

この辺りのは俺が選んだ『お嬢と東雲』他一緒に買った同じレーベルの鼻持ちならない系の漫画でさ……

さいとう:それっぽい表紙だなあ…じゃあそっちから喋る?

みつぼり:俺もそんなに系統立てて喋れる訳じゃないんだけど……というかお二人、どうでした?コレ(お嬢と東雲)とかポラリスコミックを読んでみて。

いの:じゃあ俺から話すけど、俺はとりあえずポラリスコミックはWEBで公開されてるの8作品ぐらい読んでみたけど、このレーベル…結構よくない?

さいとう:そもそもこのポラリスコミックってどういうレーベルなの?

みつぼり:俺はレーベルの単行本から入ってるんだけど、売り場の並びで言うと俺が好きなレディコミと一般的な普通の青年マンガとの境目に置かれてるイメージ。
雑誌で言うと『ハルタ』とか『ビーム』とかの隣に置かれてる…まあでも、基本的には女性向けのレーベルという認識でいいと思うんだけどね。
WEBマンガらしくツイッターとかで上手く…バズらせてっていうのかな、上手く売ってる。アニメ化タイトルもいくつかあるし。
コレとかアニメ化してるよね、『SSB』。何年か前に確かショートアニメだったけどやってた。

そのうちこれもやるんじゃねーの? 俺これ嫌いだけど…『オデット』。

さいとう:あー、ありそうな絵だ。

みつぼり:まあこれも…猫の顔した彼氏と…凄いなんかあのほんわかした彼女が…なんかいろんなところをデートするという…お話なんだけど…いやサイトウ、笑うのやめろよ。

さいとう:いやゴメンゴメン、でもじゃあそれだけ多彩なレーベルの中で、なぜ今回『お嬢と東雲』だったのか?という話を聞きたいけど。

いの:そうだね。連載作品の中ではかなりマイルドだよね。

みつぼり:俺、いま大体月に20冊くらいは漫画買ってるんだよね。本屋で表紙だけ見て買ってるから、それなりに外れがあるわけよ。
で、そんな漫画ばっかり保管してある掃き溜めを眺めて俺ってどんな漫画が嫌いなのかなって改めて考えてたら……やはり「中身の無さ」がね…。

さいとう:確かに、中身の無さで言えばこの漫画は圧倒的だったけど。

みつぼり:そもそも、青年漫画を読み始めたときにいわゆる『ジャンプ』系列の漫画だけじゃなくて、人の奥行をキチンと描く漫画もあるんだなってイメージが変わって、大学ぐらいから漫画をよく読むようになったんだよね。
人間が何を考えてるか、考えてないかを書いてる漫画が凄い好きなんだ。
で、そういう視点で読んだ時に、この『お嬢と東雲』、『Baby,ココロのママに!』、『くしゅんッ!』…この当たりが何を描けてるのかという話なんですよ。

さいとう:『くしゅんッ!』も知らないな…これはBCコミックス、竹書房か。

みつぼり:これも凄いよ。狐の男の子みたいののがくしゃみをすると人になるんだけど……両親がいないしっかり者の女の子と凄く年の離れたお兄ちゃんの兄妹、あと隣の家のおじいちゃん犬とがそれを拾って育てるみたいなさ。

さいとう:ああその、心の交流を描く的な?

みつぼり:いや描かねえんだよ。だからもうこの漫画●してやりてえなっていう。

さいとう:そういう視点で行くなら『お嬢と東雲』は確かに相当酷かった。

みつぼり:そうなんだよ。選書した後に改めて読み返したけど、この漫画中身なさ過ぎて論じるところがあるのかとはちょっと後悔した。

さいとう:イノなんかそんな漫画に付箋張ってるけど、そんな沢山語るとこあったの?

いの:いやこれは特に何かって訳じゃなくて…「ここのお嬢可愛いな」とかそういうところ。

みつぼり:待て雰囲気に流されてんじゃねえよ。一枚絵で可愛い瞬間はそりゃあるかもしれないけどさ、話の文脈とか流れで可愛い瞬間ってあったか?
シュチェーション萌えに振ってるからだろうけど、そもそもなんでこの話がこんなおハイソな世界として成立してんのかが説明もないしわからない。

いの:でもその前提は少女漫画の「あるある」で噛み砕けるところじゃない?

みつぼり:いやでも普通はその世界を成立させるためのバックグラウンドの説明はあるべきでしょ。

さいとう:一巻だからまだ出てこないだけかもしれないけど。

みつぼり:どうせ後付けで付け足すだけだろ。

いの:一応、WEBで最新話までは読んだんだよね。まだバックグラウンドは特に何も説明されてないけど。

みつぼり:無いだろ?

いの:無い。無いまま今はお嬢の縁談の話になってる。

みつぼり:話の種類で言えば、前アニメでもやってた『妖狐×僕SS』が近いんだ。
あれは妖怪界のエリート一族の女の子と、それを慕うイケメン執事とが出てきて、妖怪が住んでるマンションを舞台に住民との交流を描くっていう話。
で、それでは「妖怪の家元はこういうもの」だとか「主人公達が住むマンションはこういうところ」だとか物語の裏側とか登場人物の心の機微が描かれていたんだよね。
比較すると『お嬢と東雲』は手っ取り早くエロシーン連発してくる同人のエロゲーやってる感覚に凄い近い。少女漫画にしても、舐めてんじゃねえの。

いの:でもこういう何にも考えていないように見えるヒロインっていうのも少女漫画の典型だけどね。
80年代の名作漫画に『ときめきトゥナイト』ってのがあってさ。ヒロインがおかっぱで夢見がちな女の子でちょっと「お嬢」に似てるんだ。
だからまあお嬢は少女漫画からは外れてないし…可愛いじゃん。

さいとう:イノの話を受けても、じゃあ結局これは有象無象の中の一冊ってだけじゃない。

みつぼり:いや登場人物をここまで人として描かないで物語にすることあるか?
俺はもう何がしてえんだこいつって作者に怒りを覚えながら読んでた。
漫画でも小説でもエンターテイメント作品を読むときの大きな要素に「共感」っていうのがあるじゃん。
ヒロインに感情移入して「あーこういう人がいいね」とか「こういうとこで熱くなるよなー」とか。そういうところで読ませるのが物語の一つの命題だし、恋愛ものの大きな要素だと思う。
じゃあこの『お嬢と東雲」では読み手はどこに気持ちを飛ばすのかって言ったら確かにもう「ここのお嬢可愛い」ぐらいしかないだろうけど、
じゃあそこに力を入れて描いてるかというと……まあ執事である東雲との絡みの中で女性の「萌え」ポイントを出してるのはわかるけどさあ。
例えばこの、普段クールな東雲が猫の真似をするシーン。俺はもうこの場面、こいつら全部に火を放ちたいぐらいのシーンだよ。

さいとう:ああそこね……。

みつぼり:「いや、ちょっと待て」と。これが例えば90年代でもなんでも漫画アニメの黎明期に作られた作品ならこの古臭い「萌え」もわかる。

もしくは同人でやってるんなら勝手にやって下さいって話なんだけど、お前これ商業誌で今は2016年だぞと。

さいとう:このキャラの名前もなんだよ「銀庭」(ぎんてい)って。このセンスはどうなのよ?いったいどこで止まってんの? CLAMP先生ももう何歳だと思ってんのよ。

みつぼり:いや、でもそういうセンスの需要は同人界隈でもまだ一定数あるんだろうね。

またこの裏表紙のキャッチコピーも…「一生懸命お嬢様×低体温系お目付け役 ふんわり主従ラブコメディ?」だぜ?

さいとう:とりあえず俺とミツボリで腐しててもしょうがないし、そろそろイノの話をちゃんと聞こうか。

いの:まず、この…お姉ちゃんのセクシー系の服を着てドヤ顔してるお嬢…可愛くない?

みつぼり:だからそれも一枚絵じゃねえか。

いの:いやセリフなんかも可愛いところが…ほらこの義理の妹と話してるときに「聞いたこともないだす」とか噛んじゃうところとか。

みつぼり:それは、確かに、作者の、個性だね。

いの:擬音られて目を瞑っちゃってるところとか、可愛くないすか。とかセリフ回しが面白いなってところが結構ある…あとこのお嬢が頭を撫でられてるところとか。

さいとう:お前はなんだ、天国にでも住んでるのかお前。

いの:俺は二人に比べてあんまり漫画への真摯さがないと思うから、そういうとこばかり目が行っちゃうんだよね。

さいとう:真摯さっていうと怪しいけどね…この執事、東雲もお嬢様に好意はあるの? どうなの?

いの:連載中の最新話で、お嬢の婚約者が表れてたことで東雲もお嬢のことを好きな気持ちに気付いた描写はある。

みつぼり:そういう陳腐さも含めてよくこれ商業誌でやってるよな…これ店によっては恋愛ものとして推してるところとか結構あるからね。

さいとう:恋愛ものって話なら、まだ一巻なのにカップリングが三組も出てきたね。女性作者はやっぱり脇キャラにも相手役つけるのが好きだよね。例えば『すもももももも』・『マギ』の人とか。

いの:『WORKING!!』もそうだった。

さいとう:ポラリスコミックの中ではこの作品の立ち位置ってどうなんだろう。ジャンプで言うと『スケットダンス』ぐらいの扱いではあるの?

みつぼり:名作じゃないですか。

いの:ポラリスの中では大分異色に感じたね。ほんとに少女漫画に振り切ってるから。他の作品はもっと中間あたりを狙ってる作品が多い感じ。その中で、俺は気に入った作品が三つあった。

さいとう:あ、それなら俺もさっき漫喫でポラリス読んできて、凄い気に入ったのが一つあったよ。
面白かったからその場で作者にお便り送っちゃったもん。「面白かったです! 単行本出たら買います!」って。

いの:いやーサイトウと好きな作品は被らなそうだけど……。

みつぼり:作者は知らない人ばっかりでしょ…これか?『春の包帯少女』。

さいとう:その漫画は前にに単行本買ったけど、タイトルと表紙詐欺だったからブン投げた。俺はイノと被ってると思うんだけどな。

いの:そうかなあ…まず俺は、『タイムスリップオタガール』結構面白かった。

さいとう:それですわ。超面白かった。

いの:じゃあちょっとこの漫画の話する?まずタイムスリップ物で、そこに「オタク」を絡めてくる作品は珍しいよね。そのタイムスリップ先も郷愁を誘う「1996年」。俺も30歳の主人公とほぼ同世代だから、今後「90年代後半あるある」をどうやって描いてくのかなあってのが楽しみ。

あとは、オタク趣味だけじゃなく、311の震災のこととか今では死んじゃった筈のおばあちゃんがまだ生きてて、久しぶりに飲むおばあちゃんの味噌汁に感動するところとか、主人公が属性としてのオタク女じゃなくて、しっかり肉付けされて描かれてる感じが丁寧でいいなと思った。

あとはさっきもちらっと話出たけど『SSB』も面白かったな。

みつぼり:『SSB』は僕も好きだね。理由はやっぱりカップル萌えってことになるんだけど。

いの:第一話だけ読んだら、キャラクターを属性に当てはめて作りました的な話に見えたんだけど、最新話を読んでみたら、ちゃんとキャラクターが生きた台詞を喋ってるようにみえたなあ。
もう一個が『清明さんはがんばらない』。もう一年ぐらい連載止まっちゃってるね。
これもタイムスリップもので、普通の女子大生が平安時代にタイムスリップして、阿倍野清明になるのね。
で、平安の宮中で藤原道長とか清少納言とか紫式部とかと絡んでいくっていう…まあ俺の趣味に合う作品。

みつぼり:これは結構人気作品っすね。あれだよ、『田中くんはいつもけだるげ』みたいな感じだよ。

いの:あとは『新戸ちゃんとお兄ちゃん』とか『同居人はひざ、時々、頭の上。』とか。悪くないよね。

さいとう:すげえ読んでるじゃん。

みつぼり:『同居人はひざ、時々、頭の上。』はねえ…ちょっと俺がポラリスを色メガネで見始めたきっかけでもあるね。

いの:まあ「いけ好かなさ」はあるけどさ、構成とかにも凄い気を使ってる作品だとは思うし、悪くない。

みつぼり:単純に自由気ままな猫に心動かされるコミュ障の青年、みたいな話を期待してたんだけど…人と人、みたいな話になってるじゃないですか。
それがなんかムカつくような…いや、でも面白かったですよ?
好きっすよ俺、ポラリスコミックは全部。いや全部じゃねえけど

さいとう:それにしてもこの手羽先食いにくいな…。

 

 

以降『ヲタクに恋は難しい』編に続く…

(著:サイトウ)